A&K Search

2012年03月04日

梅の名所・梅祭り(京都府)

京都府には数多くの梅の名所があります。大規模な梅園のほかに観賞用の名木、梅林が多いのも特徴です。特に有名なスポットをご紹介します。

絵文字梅f.gif京都市・北野天満宮
京都市上京区にある北野天満宮は、もちろん菅原道真公をまつり、梅とゆかりが深い神社です。

境内にある梅苑は約2万坪で、50種、1500本もの梅が植えられています。品種的にも一般的なものから、珍種といわれるもの、由緒ある古木もあり、観梅のスポットです。

梅苑は2月初旬から公開され、いちばんの見ごろは2月下旬〜3月中旬です。
京福電車白梅町駅から徒歩5分です。バス路線も多数あります。

詳細はこちらからどうぞ。

絵文字梅f.gif城陽市・青谷梅林
城陽市の丘陵地の約20ヘクタールの土地に、京都府一の梅園が広がっています。生産用の梅の木ですが、約1万本あるといわれ、多くの人が訪れます。梅の実の生産量も京都府一です。また、青谷梅林の歴史は古く、鎌倉時代には知られていたようです。

見ごろは2月〜3月です。
JR奈良線山城青谷駅から徒歩約20分です。

詳細はこちらからどうぞ。  

絵文字梅f.gif京都市・随身院小野梅園
京都市山科区にある随身院は真言宗善通寺派の大本山ですが、小野小町ゆかりのお寺としても知られています。その名前も「小野梅園」として、薄紅梅のはねず梅を中心に、さまざまな梅が総数約230本あります。小野小町そのものの真実はよく分かりませんが、歴史と文学と併せて観梅というのも、良いものですね。

小野梅園の観梅会は3月1日〜31日ですが、見ごろは京都市内では遅く3月下旬といわれます。
地下鉄東西線小野駅から徒歩5分です。

詳細はこちらからどうぞ。

絵文字梅f.gif京都市・梅宮大社
京都市右京区にある梅宮大社は、古くから歴史ある神社で、子授け、酒造りの神様として有名ですが、名前にもあるように梅の名所でもあります。

境内には三つの庭園、北神苑、西神苑、東神苑があり、それぞれ梅林があります。
総数は約550本で、比較的落ち着いた雰囲気で観梅できるスポットといわれます。

見ごろは通常は2月中旬〜3月中旬です。
阪急電車嵐山線松尾駅から徒歩10分です。

詳細はこちらからどうぞ。 
posted by うめメッセンジャー at 22:13| Comment(0) | 梅の名所・梅祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。