A&K Search

2012年07月12日

サッカーなでしこジャパンは梅干しパワーで金メダル?

12日のフジテレビ「とくダネ!」(小倉智昭キャスター)で言っていましたが、なでしこジャパンサッカー男子代表チームは、ロンドンオリンピックに梅干しを持ち込むとのことです。

説明によれば、昨年女子ワールドカップで優勝したなでしこジャパンは、そのときも梅干しを愛用し、快進撃を続けたので、今年のオリンピックでも、梅干しを使うとのことです。

また、なでしこジャパンに続いて男子にも好成績を挙げてもらいたいと、男子チームにも梅干しを、使わせるそうです。

実は、昨年のドイツでの女子ワールドカップでは、梅の最大生産地の「紀州田辺うめ協議会」が、なでしこジャパンに田辺の梅干しを提供していました。

その効果もあってのことか優勝という最高の成果を収めたので、ロンドンでも田辺の梅干しを使ってもらおうと、提供することになりました。

ロンドンオリンピックではなでしこジャパンは、日本から専属のシェフなどを連れて行かず、選手村の食事を食べる予定です。お米のご飯はあるようで、そこへ梅干しも提供して、日本の味を確保し、選手に安心感をもってもらおうということのようです。

提供される梅干しはなでしこ用に蜂蜜入り25kg、減塩梅干し25kgだそうで、男子代表にも50kgが提供されます。

さらに、佐々木監督によれば、近所の人から申(さる)年の梅干しをもらったので、ロンドンへ持ち込むそうです。申年に漬けた梅干しは、災厄が去るということから、縁起がいいとされますので、活躍を期待したいですね。

なお、紀州田辺うめ協議会では、今年日本で開催されるU20女子ワールドカップの日本代表にも、梅干しを提供するそうで、日本のサッカーと梅干しは深いつながりを持つことになります。
posted by うめメッセンジャー at 22:25| Comment(0) | 梅干の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。